押し売りしたくないけど、売上をあげたい

押し売りしたくないけど、売上をあげたい

沖縄の女性を応援するリハーサルサロンEnshareです。

Enshareはこれまでの時間でレンタルスペースとは違い、
沖縄県では初となる起業支援型のリハーサルサロンにです。

 

今日は、【押し売りしたくないけど、サービスや商品を売りたい】
そんな内容をお話しさせて頂きますね。

 

こちらから「いかがですか?」と営業するより

お客様から「それほしいです!」と言われるほうがいいですよね。

 

例えば、お客様にサロンで使っている化粧品を使ってもらいたい!
と思っていたら化粧品をおすすめしますよね。

そんな時、あなたはどうやって進めますか?
少し考えてみてください






考えましたか?

 

化粧品の良いところ(成分や使いごこち)を伝えますか?
購入後の特典を伝えますか?
自分の体験談を話しますか?

 

どれも間違いではないと思います。
一番大事なのは「お客様の事を考えておすすめしたか?」という気持ちです。

例えば、売りたいだけのAさん
「この化粧品は〇〇の成分がたっぷりで、とてもお肌にいいんです。
今ならエステサービスでついてくるのでいかがですか?」

お客様の事を考えてのBさん
「先ほど、化粧水がそろそろなくなるとおっしゃてたので、今度こちらの化粧品使ってみませんか?
これまで使っていたものより少し高いですが、
〇〇さんの今のお肌の状態に必要な成分が入っているのでエステの効果も早く感じる事が出来ると思います。
今でしたら、来月までに気になっていたニキビが改善できるようにエステサービスさせて頂きます。化粧品とエステで肌改善の手伝いさせて頂きたいと思ってます」

Aさんは押し売りされてる感じがしますよね。
でも、Bさんはそう感じませんよね。

 

気持ち一つで【押し売り】にもなるし【思いやり】にもなるんです。

 

押し売りしたくないという思いがある方は
お客様に必要ないコトをすすめようとしているからで、
お客様に本当に必要なコトでしたら【思いやり】をもってお話しできると思います。

その気持ちはお客様にもつたわるものです。
それは、対面だけじゃなくて、ブログやSNSからも伝わります。

 

あなたのサービスは誰にどんな想いで届けますか?

自分が誰に何をしたいのかわからない。。。
やりたいことはあるけど、何からはじめていいのかわからない。。
同業者のあの人の事がとても気になる。。。

そんな方は無料セラピスト診断をお受けください。
→お申込はこちら←
きっと、進むべき道が見えると思います。

Add Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA